カテゴリ:FES( 5 )
はたけっとまーけっと2009 その3
3回に分けて書いている『はたけっとまーけっと』のこと、最後です。

色々と起きたことを詳しく書こうと思ったのですが、どうもまとまりません。
しょうがないので、だらだらと書いてこうかなと。

このイベントと開催場所は僕にとってとても不思議な時間と空間でした。
場所は東京から100kmも離れていないのに、かなりのど田舎。
コンビニまで車で30分近くかかります。

『はたけっとまーけっと』は都会から来て古民家に住み始めた人たちと、そこを頼りに都会から来た人たちと、西原にずっと住んでいる人たちの不思議な共同作業だった・・・というのが終わったあとに思ったことでした。

当たり前のことですが、都会と田舎では生活の様式が大きく違います。
例えば食に関してですが、都会では食べ物はお店に行って「買うもの」です。
田舎では食べ物は畑から「収穫してくるもの」もちろん全ての食べ物がそうではありませんが、少なくとも都会生まれ都会育ちの自分にとっては畑からとってきたモノをその場で料理するというのはかなり特別なことです。
しかし、田舎に住んで実際に畑をやっている人にとってはそれは日常です。

野菜は畑から、肉は牧場の牛や豚や鶏から、魚は海や川から。
そんなことは常識以前として頭に入っていることですが、実際に畑から野菜をとって食べることが僕にとってあまりに非日常で特別な喜びであったことがショックでした。

人間が生きる上で大切な『食』のこと。
それを生み出す『自然』からあまりにかけ離れた生活を続けていたことを改めて痛感したのでした。


イベント中は来ていた人たち全員と話ができたわけではありません。
しかし、さらっと会話ができる壁の無さがありました。
さらっと話しかけられたりもしました。
打ち上げであるナスビアの時はすでにもうみんなが親戚同士のような空気で、異常なほど居心地が良かったのです。
自然の中で集まったから人と人との間に壁がなかったのでしょうか?
都会ではどんなイベントをしてもこうはいきません。
絶対に壁があります。
まだ自分の中で良く分かっていませんが、『はたけっとまーけっと』はとにかく奇跡のような1日でした。

今の世の中はとにかく「ふけーきふけーき、くらいくらい」と聞こえてきます。
ただ、もしかするとそれは都会の中だけのことなのではないかなと思ってしまいます。
もちろん物価のことは田舎にも影響を与えます。
ガソリンや灯油価格が上がればダメージを受けるでしょう。
しかし、田舎で一番の問題は天候だったりの自然のことの方が大きいような印象を受けました。
雨ばかりでもいけないし、晴ればかりでもいけないし、動物達が里に降りて来過ぎたりしたら大変です。

文明を捨て、とにかく原始的な田舎に暮らすべきだとは思いません。
しかし、今の世の中の何か閉塞した、どこかから締め付けられている見えない縄のようなものから抜け出す大きなヒントがあるのではないかなという感覚が残ったのがこの『はたけっとまーけっと』でした。
[PR]
by kousuke-rockphoto | 2009-07-28 12:20 | FES
はたけっとまーけっと2009 その1
先日の週末は『はたけっとまーけっと』で動物写真の展示を行ってきました。
f0144394_1034592.jpg


『はたけっとまーけっと』とは山梨県上野原市の西原地区で昨年から始まった野菜のお祭りです。
友人のNaoちゃんのお誘いで急遽参加するはこびになったのです。
前々から上野原のある村の古民家で暮らし始めた人が居て、そこで都会と田舎をつなぐイベントをやっているという話は聞いていましたが実際に訪れるタイミングはありませんでした。

それがなんとまぁ・・・Naoちゃんから「なってぃー、展示しない?」という唐突なお誘いを受け、それに「やるやるー」と気軽に答えたことからハジマッタのです。
ちょうど誘いを受けた時は中途半端に忙しく、詳細も良く分からぬまま(調べぬまま)当日を迎えてしまいました。
分かっていることは野外のテニスコートで展示ができることくらい。

野外かぁ・・・それじゃプリントは大きくないとなぁという理由から大急ぎでA1サイズに伸ばし、野外だから雨も怖いということでラミネート加工。

24日の夜に東京を出発し、深夜過ぎに上野原の古民家に到着。
そして、ここから僕の中で『はたけっとまーけっと』が始まりました。
[PR]
by kousuke-rockphoto | 2009-07-28 10:43 | FES
親知らず抜歯
もう1週間くらいは前になるけどついに左下奥の親知らずを抜いた。
水平埋伏(普通の歯の90度曲がって埋まってるやつ)に近い状態で、しかも頭も出てなかったので掘り起こして砕かれた。
手術中は麻酔が効いてるから・・・まぁ、大丈夫。
ゴリゴリ、ガリ、キュイーン・・・パキ・・メキ・・・パキという嫌な音に耐えれば問題ない。

問題は抜いた後でした!!

次の日には顔の左はビフォーこぶとりじいさんです。
もちろん口も空きません。
痛みもとんでもないもんです。
口腔内は痛みロックフェスティバルです。
ヘッドライナーばっかりのフェスです。

鎮痛剤にもらったロキソニンを倍量飲まないと効き目無し!!
そんなのが4日ほど続きました。
その間、食事は流動食みたいなものばかり。
3Kg程痩せました。

4日過ぎたら鎮痛剤のせいで胃が荒れました。
更に2kg痩せました。

今日になってようやく痛み止めなしで、普通の食事ができるようになったほどです。
あぁ、親知らずって本当に恐ろしいんですね・・・。

まだ上の方の2本は抜かないといけないらしいのです。
ぼすけてー。

いま、体がひょろひょろな気がしますです。

f0144394_533794.jpg

俺を苦しめてくれたやつ。
粉砕されていたのでコロスキンで接着したみた。

久々のブログなのにこんなネタなんて。
[PR]
by kousuke-rockphoto | 2009-06-12 05:39 | FES
FUJIROCK'2007 東京出発から苗場到着
さて、音楽好きな大人の夏休みであるFUJIROCKに行ったことを少しづつ書いていきます。
今年は7月26日の早朝より東京を出て苗場の地を目指した。
金銭的な余裕はないので新幹線などの贅沢品は使わず、青春18切符を使い各駅停車で越後湯沢駅へ向う。
荻窪を朝の4時半に出て、大宮、高崎、水上を経て越後湯沢まで約5時間半の長旅。
出発の前の晩は興奮して眠れなかったので電車の中では常にうとうと・・・。
f0144394_151741.jpg

乗り過ごさないように眠気と戦いながら終点の越後湯沢までもう少しの水上駅まで来た。
(写真は水上から越後湯沢まで走っている2両編成のローカル電車)
ここまで来ると車内にはテントや寝袋などのでっかい荷物を担いだフジロッカーばっかり!
興奮する!
そして約30分この電車に揺られ、いくつかの山も越えて越後湯沢の駅に到着する。
(この電車の途中の駅は山の中に作られているものなんかもあったりで行程もなかなかに楽しい)
越後湯沢から会場の苗場までは無料のシャトルバスが出てるのだけど、12時からしか運行されておらず、これの出発を待ってると後々に響いてくるのでタクシーで向うことにした。
今年はこのタクシーに乗るところから人との出会いがあった!
タクシーに声をかけて苗場まで〜っとドライバーさんとやりとりをしていると1人のフジロッカーが声をかけてきたのだ。
明るい、夏の太陽を感じさせる声と風貌の人だった。
「会場までタクシー乗るの!? 割り勘で乗せて行ってもらえませんか?」
交通費が安くなるのはこちらも助かるので同乗してもらうことにした。
タクシーの道すがら話を聞くと、この人は熊本からの1人参戦でFUJIROCK歴も数年に渡る強者だった。
そしてこの時はまさか最後の日まで行動を共にするとは思いもしなかった・・・。
まぁ、この人の話は別でまた詳しく書きたいと思う。

さて、タクシーで坂道を行くこと約30分、会場に着いた。
会場に着いたらまずはチケットをリストバンドと交換することから始まる。
f0144394_294398.jpg

リストバンド交換所が開くのは12時、着いたのは11時・・・それなのにこの並びようだ。
聞くところによると昨日の晩から並んでる人も結構居るらしい。
なぜこんなに並ぶのかというと、キャンプサイトの場所取りが関係してくるからなのだ。
キャンプサイトはスキー場つまりほとんど坂道のところが割り当てられているので、平地は少ない。
ましてや入り口に近い平地などは本当に少ないのだ。
そこの奪い合いのようになるため、もの凄く早い時間から並ぶ人も少なくない。
結果的には昨晩からマエノリティしてくれている友人のおかげで入り口に近い平地をゲットできた。
無事にテントも張り、後は前夜祭を待つのみ・・・。
[PR]
by kousuke-rockphoto | 2007-08-03 02:28 | FES
FUJIROCK'2007
FUJIROCK2007へ行ってきました!
前夜祭から最終日までの5日間、天気にも恵まれて(熱過ぎて倒れそうになるくらい)、人にも恵まれて楽しく過ごさせてもらえました。
新潟では大きな地震があり、複雑な気持ちでしたがFUJIROCKは楽しかったです。
たくさん書きたいことがあるのですがいっぺんには書けないので、とりあえず最高だった
MIKAのステージの写真を載せます。

f0144394_11591467.jpg



これから何回かに分けてFUJIROCK、そして震災に対してのことなどを書こうと思います。
[PR]
by kousuke-rockphoto | 2007-07-31 12:04 | FES